不動産経営

物件選びから経営後のサポートまでしてくれる不動産投資の会社

SITEMAP

狭小地で不動産経営を成功させるコツ

土地の価格が高い大都市中心部で、失敗しない不動産経営を実現させるためには、30坪程度の土地を有効に活用することが大切です。狭小地の向けのアパート建設の実績が豊富な専門業者へ相談することが、都市部における不動産経営を成功に導くための基本です。
また建設用地を購入するときに、入居者の姿を具体的にイメージすると、満室経営が実現可能なアパートを建てることができます。特に病院の近くに土地を買ってアパートを建設するのが、理想的な賃貸不動産経営のスタイルだと言えます。当直が多い医療機関の関係者は職場近くで住まいを探しているので、病院の目の前の賃貸物件への需要は極めて大きいからです。
そして大都市の狭小地で賃貸経営に新規参入するときには、限られた面積でも多くの戸数が確保できるので、シングル向けのアパートを建てるケースが多いです。
しかし都市部にはシングル向けの物件が多いので、コンセプトを明確にして、魅力的な建物を目指すべきです。デザイナーズ風のおしゃれな外観と内装の建物にしたり、通常よりもセキュリティを強化するのが、稼働率を高めるコツです。そして営業に力を入れる専門業者を活用すると、立地があまり良くなくても短期間で入居者を確保できます。

トピックス

ファミリー向けの賃貸不動産経営のコツ

シングル向けの賃貸アパートは入居者の入れ替わりが激しいので、賃貸不動産経営の中でも特に高度なテクニックが必要な分野です。しかし入居者の居住期間が長いファミリー向けの賃貸アパートであれば、建物が完成した後も失敗しないで、長期間安定した収入が得られます。また子供がいる家族の入居を想定する場…

MORE

ローコストの賃貸不動産経営のテクニック

賃貸不動産経営で5パーセント以上の高利回りを実現するためには、土地取得費用と建物の建築コストを抑える必要があります。確かに土地を安く買うのは難しいですが、ローコストの施工会社を使うと建築費用は大幅に抑えることができます。また賃貸不動産経営を始める前に専門業者へ相談して、実際に建設予定地を調べて…

MORE

注目の記事

狭小地で不動産経営を成功させるコツ

土地の価格が高い大都市中心部で、失敗しない不動産経営を実現させるためには、30坪程度の土地を有効に活用することが大切です。狭小地の向けのアパート建設の実績が豊富な専門業者へ相談することが、都市部…

MORE

大人気の不動産経営は専門業者に相談してリスクを減らそう

近年注目され続けている副業の中でも、低リスクでなおかつ手間がかからないと人気を集めている不動産経営。中には本業として取り組む方も少なくはありません。このブームの流れに乗って不動産経営を始める方も…

MORE

ニュース一覧

SITE MAP